ある建物の3階のLANスイッチを新しいPoEスイッチに交換したら、4階にある上位のLANスイッチと通信できなくなった。フロアの間をつなぐLANケーブルには問題なかった。担当者がたどり着いた意外な原因とは…。

 トラブルは、ネットワークに何らかの変更を加えたときに起こることが多い。ネットワーク機器の設定を変更したり、機器を交換したりしたときが典型的だ。

 設定変更時のトラブルであれば、設定ミスが一番に疑われる。一方、機器交換のトラブルについては原因が様々だ。例えば、機器の初期不良や、必要な機能が初期設定で無効になっていたケースがある。

 今回紹介するのは、LANスイッチを新しい機器に交換した際に起こったトラブルである。だが、原因は機器の初期不良でも初期設定でもなかった。

通信をサーバー室のスイッチに集約

 トラブルが起こったのは、下水道管理を手がける管清工業の横浜技術センターだ。同センターは、横浜市のよこはま動物園ズーラシアの近くにある。最寄りのどの駅からもバスやタクシーに乗る必要があり、交通の便はあまり良くない。

 管清工業には、東京都内の本社や三田オフィスなど日本全国に複数の拠点があり、横浜技術センターもその1つだ。各拠点の間はNTTコミュニケーションズのVPN(Virtual Private Network)サービスである「Arcstar Universal One」で接続されている。

トラブル発生時の管清工業 横浜技術センターのネットワーク構成
[画像のクリックで拡大表示]

 横浜技術センターは4つのフロアから成る。4階にサーバー室があり、センター内の通信を集約するLANスイッチが設置されている。同社はこのスイッチを「基幹スイッチ」と呼んでいる。基幹スイッチは2台で構成し、サーバーと同じラックに格納している。ラックには、万一の場合に備えた予備のスイッチも用意されている。

 1階から4階のフロア間は建物を縦に走るLANケーブルで接続している。このLANケーブルを同社は「基幹ケーブル」と呼ぶ。フロアごとに1台のスイッチを設置し、基幹スイッチとの間を基幹ケーブルで接続する。同センターでは、フロアごとに設置したスイッチを入れ替える作業を進めていた。

 トラブルは、3階の通信を集約するスイッチを新しいPoE(Power over Ethernet)スイッチに交換したときに起こった。3階の無線LANと有線LANが通信できなくなってしまったのだ。トラブルに遭遇したのは、同センターでシステム管理を担当している渡部一春さんである。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら