5G向けには、現在3Gや4Gで利用している既存の周波数帯とは別の周波数帯が割り当てられる予定だ。割り当ての対象として検討が進んでいるのは、3.6GHz帯、4.5GHz帯、28GHz帯といった高めの周波数帯になる。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら