世界的には、2019年に5Gの商用サービスが本格的に始まる。このため、2019年を「5G元年」とする見方が増えている。2019年2月にスペイン・バルセロナで開催された世界最大のモバイル通信展示会「MWC19 Barcelona」では、そうした動きを見据え、多くのスマートフォンメーカーが5G対応機を発表した(写真1)。

写真1●MWC19に登場した5G対応スマートフォン
2019年2月25~28日にスペイン・バルセロナで開催されたモバイル通信関連の展示会「MWC19 Barcelona」では、今年の商用サービス開始を見据え、5G対応スマートフォンが続々登場した。
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 気を吐いたのが中国の華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)だ。有機ELディスプレーを採用し折り畳める5G対応スマートフォン「HUAWEI Mate X」を発表。モデムチップは自社製の「Balong 5000」を採用した。6GHz以下の周波数(サブ6GHz)で下り最大4.6Gビット/秒を実現し、世界最速だとアピールした。

 このほか中国の小米(シャオミ)が「Mi MIX 3 5G」、韓国LG電子が「LG V50 ThinQ 5G」を発表。いずれもモデムチップにクアルコム製の「Snapdragon X50 5G Modem」を搭載した。また、韓国サムスン電子はMWCに先立ち、自社イベント「Galaxy UNPACKED 2019」で「Galaxy S10 5G」を発表している。

 世界ではひと足早く商用サービスが始まる国もあるが、国内では本格的な商用サービスは東京オリンピック・パラリンピックが開かれる2020年に開始される予定だ。ここから本格的な5Gの10年間が始まる。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら