高速データ通信による本格的なマルチメディアを実現した世代が3Gだ。国際的には「IMT-2000」として標準化された。この「2000」は(1)実用化時期が2000年、(2)利用周波数が2000MHz帯、(3)通信速度が2Mビット/秒─を意味している。

 2Gでは、国や地域で異なるモバイル通信システムが導入された。3Gでは、世界中で利用できる統一システムを作ることを目的とした。「世界中のどこに行っても同じ携帯電話機が使える」という理想を実現するためだ。ただ、結果的には複数の方式が並立することとなった。

21世紀になって始まったサービス

 NTTドコモは2001年、W-CDMA方式を使った携帯電話サービス「FOMA」を開始した(写真3-1)。

写真3-1●3Gの携帯端末
(1)は最初のW-CDMA対応機の1つ。NTTドコモ歴史展示スクエアで撮影した。(2)は最初のcdma2000対応機の1つ。(3)はボーダフォンが販売した最初のW-CDMA対応機の1つ。
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 2002年には同じくW-CDMAによる携帯電話サービスをJ-フォンが始めた。J-フォングループは2001年に英ボーダフォングループ傘下に入り、2003年にはボーダフォンに社名を変更している。

 KDDIは2002年、cdma2000(CDMA2000 1x)による携帯電話サービスを開始した。既にサービスを開始しているcdmaOneと互換性があり、当初から全国のエリアで使えることを売りにした。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら