今月の1本!

8/26 米テキサス州の20以上の市がランサムウエアに同時感染

[画像のクリックで拡大表示]

 米テキサス州の情報資源局(DIR)は、州内20以上の市が一斉にランサムウエア被害を受けたと発表した。被害を受けた市では、出生届の提出や水道料金の支払いなどができなくなった。

 DIRは、すべての被害は単一の攻撃者によるものと断定。復旧作業を優先するとして攻撃の手口を明らかにしていない。

 米公共ラジオ局(NPR)によれば、被害を受けた市の1つが、「複数の市が利用するマネージドサービスプロバイダー(MSP)が不正侵入被害を受けた」とコメントしたとしている。MSPは、システムの運用・保守サービスを提供する事業者。

https://dir.texas.gov/View-About-DIR/Article-Detail.aspx?id=206

8/5 川崎市の区役所がメールを誤送信 証拠隠滅を図るも発覚

[画像のクリックで拡大表示]

 川崎市中原区役所が、メール誤送信によるメールアドレスの漏洩を発表した。

 中原区が開催した夏休みのイベントに応募した132人のうち、落選した57人中50人に7月26日に送ったメールで、50人分のメールアドレスを宛先もしくはccで指定していた。落選を伝えるメールだった。

 区役所の担当者は、該当のメールを受信した人からメールで指摘を受けて事態を把握した。ところが、事態の発覚を恐れた担当者は、指摘を受けたメールと送信履歴にあった該当のメールを削除。上司への報告も怠ったという。

 最初に指摘した受信者から再度問い合わせのメールが区役所に届き、別の担当者が対応したことで発覚したという。中原区は当該職員に対して厳正に対処するとした。

http://www.city.kawasaki.jp/templates/press/cmsfiles/contents/0000109/109424/houdoushiryou.pdf

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら