IoT機器として趣味や業務などに広く使われているのが、小型のシングルボードコンピューター「Raspberry Pi(通称ラズパイ)」だ。その実力や応用を見ていこう。

 ここでは、Raspberry Pi 3 Model B+(以下、ラズパイ3 B+)の大きな改良点であるギガビットイーサネットの実力を見ていこう。

 実は、ラズパイ3 B+のギガビットイーサネットには、ギガビットの性能を発揮できない事情がある。内部のUSB 2.0接続がギガビットイーサネットのボトルネックになっているのだ。

USB 2.0がギガビットイーサネットのボトルネックに
[画像のクリックで拡大表示]

 ラズパイ3 B+やその前モデルであるラズパイ3 Bでは、USBハブ機能を内蔵したイーサネットコントローラーとCPUの間をUSB 2.0で接続している。USB 2.0の通信速度は理論値が480Mビット/秒で、実効値が300Mビット/秒程度だ。

 ラズパイ3 Bではイーサネットの通信速度が最大100Mビット/秒なので、この点は問題にならなかった。ところがラズパイ3 B+では、この制限でギガビットイーサネットなのに300Mビット/秒程度が限界になっている。

 これを、ラズパイ3 B+のイーサネットの通信速度を実際に計測して確かめてみることにした。内蔵する有線LANポートに加え、念のためUSB接続型のイーサネットアダプターを使った場合の通信速度も計測した。利用したのは、中国TP-Linkテクノロジーズのギガビット対応イーサネットアダプター「UE300」だ。

ギガビット対応イーサネットアダプター「UE300」
[画像のクリックで拡大表示]

 この製品は標準でLinuxに対応している。ラズパイのOSであるRaspbianもLinuxの一種だ。ラズパイのUSBポートに接続しただけで「eth1」として認識された。

アダプターをラズパイに装着するだけで認識
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら