nslookupコマンドはDNSサーバーとやりとりするために使う。通常は通常は意識する必要のないDNSサーバーとのやり取りを可視化して、トラブルの原因を見付ける。

 Webブラウザーなどでインターネットを使っていて、通常はDNSサーバーとの通信をユーザーが意識することはない。DNSサーバーでの名前解決はバックグラウンドで自動的に処理される。だがnslookupを使えば、DNSサーバーとのやりとりを可視化して調べられる。これにより、DNSサーバーとの通信が原因のトラブルを見つけ出したり解決したりできる。覚えておきたい、よく使うオプションは以下の通りだ。

[画像のクリックで拡大表示]

DNSサーバーに問い合わせる

 例えば、Webブラウザーでwww.nikkeibp.co.jpにアクセスする場合を考えてみよう。

nslookupを使えばDNSサーバーへの問い合わせの部分で問題が発生していないかを確認できる
[画像のクリックで拡大表示]

 アドレス欄に「www.nikkeibp.co.jp」と入力すると、WebブラウザーはまずDNSサーバーに「www.nikkeibp.co.jpのIPアドレスを教えてください」と問い合わせる。

 問い合わせを受けたDNSサーバーは、管理している情報を基に「10.6.3.63です」と該当するIPアドレスを返す。Webブラウザーは受け取ったIPアドレスに対して情報を要求。それを受け取ったサーバーがコンテンツを転送する。

 このようにバックグラウンドで実施しているDNSサーバーとのやりとりを、nslookupを使えば1つ1つ試せる。

 もしDNSサーバーの設定が間違っていたり、一時的にダウンしていたりすると、問い合わせに対する返答が戻ってこないのですぐに分かる。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら