arpコマンドはパソコン内のARPテーブルを管理する。近くにあるネットワーク機器のIPアドレスとMACアドレスの対応付けが間違っていて通信できない状態を解消する。

 パソコンなどの端末では、同じネットワーク内にある機器のIPアドレスとMACアドレスの対応付けを一時的に保持しておくためにARP(Address Resolution Protocol)テーブルという一種のキャッシュをもっている。arpコマンドは、このARPテーブルを管理するためのコマンドだ。機器を入れ替えたり、同じIPアドレスを引き継ぐ別の機器が稼働したりすると、ARPテーブルを更新する必要がある。こういったときにarpを使えば、ARPテーブルの内容を表示したり、削除したりできる。覚えておきたい、よく使うオプションは以下の通りだ。

[画像のクリックで拡大表示]

MACアドレスを宛先にする

 IPネットワークで通信する際には、通信相手をIPアドレスで指定する。しかし、IPパケットを運ぶイーサネットフレームでは、フレームを次に渡す相手をMACアドレスで指定する。このためIPネットワークであっても、MACアドレスが分からないと通信できない。

 IPアドレスで宛先を指定されたパケットは、宛先が同じネットワークにあれば通信相手に直接送信される。宛先が別のネットワークにあれば、デフォルトゲートウエイに送られる。

 このときイーサネットフレームを使うため、通信相手またはデフォルトゲートウエイのMACアドレスを調べる必要がある。具体的には、IPアドレスを記述したARP要求パケットを同じネットワークの全ての機器に向けて送信し、該当する機器から応答が届くのを待つ。応答が届けば、応答の送信元MACアドレスを宛先にしたイーサネットフレームを送る。

arpコマンドはパソコンで保持しているARPテーブルを操作する
[画像のクリックで拡大表示]

 この作業を毎回実行するのは非効率なので、ARPテーブルを保持するようにしている。もしARPテーブルに載っている機器にイーサネットフレームを送るときは、ARP要求パケットを送らずに、ARPテーブルを参照する。こうすることで、すぐにイーサネットフレームを送信できて、ネットワークの混雑も緩和できる。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら