pingコマンドを使うと相手と通信可能か確認できる。もし通信できないなら、そもそも相手がダウンしていたり途中のネットワーク機器でトラブルが発生している可能性がある。

 pingは、指定した相手とIPネットワークを使った通信が可能かどうか(疎通)を調べるネットワークコマンドである。通信相手の指定には、IPアドレスとホスト名のどちらも使える。覚えておきたい、よく使うオプションは以下の通りだ。

[画像のクリックで拡大表示]

ICMPで疎通を確認

 pingは、ICMPを使って相手との疎通を確認する。例えば、「ping IPアドレス」と打ち込んでEnterキーを押すと、IPアドレスで指定した相手に4回のICMPエコー要求を送信する。相手はICMPエコー要求を受信すると、ICMPエコー応答を返す。pingはその結果を画面に表示する。

pingは指定した相手に対してICMPエコー要求を送り、相手からICMPエコー応答がきちんと戻ってくるかで通信可能かどうかを判断する
[画像のクリックで拡大表示]

 相手と通信できない場合や応答に時間がかかる場合は、「要求がタイムアウトしました」と表示される。問題なく通信できる場合は、応答が返ってくるまでの時間や戻ってきたICMPエコー応答のTTL(Time To Live)の値が、4回分それぞれ表示される。

pingでは、相手に届かなかった場合は「要求がタイムアウトしました」または「転送中にTTLが期限切れになりました」とエラーメッセージを、相手に届いた場合は応答時間やTTLが表示される
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら