パソコンが通信できないとき、最初に実行すべきなのはipconfigコマンドだ。通信できない原因が判明することが多いネットワークの設定情報を確認できる。

 ipconfigコマンドを使うと、そのパソコンのIPネットワークの設定情報を確認できる。コマンドプロンプトを開き、オプションなしで「ipconfig」と打ち込んでEnterキーを押すと、IPアドレスやサブネットマスクなどの設定情報が表示される。覚えておきたい、よく使うオプションは以下の通りだ。

[画像のクリックで拡大表示]
ipconfigを使うとIPネットワークを使うための情報が正しく設定されているか確認したり、DHCPサーバーやDNSサーバーから受け取った情報を再設定したりできる
[画像のクリックで拡大表示]

まずは「ipconfig /all」

 詳細な情報を表示するときは、ipconfigの後ろに半角空けて「/all」を付けて実行する。先ほどの実行結果に、ネットワークカード(NIC)の名前やMACアドレス、DHCPサーバー、DNSサーバーが追加される。トラブルシューティングを行うときは、情報量の多いipconfig /allを実行する。

「ipconfig /all」と実行するとMACアドレスやIPアドレス、サブネットマスクなど、IPネットワークでの通信で使う設定情報が一覧で表示される
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら