運用管理に便利なWindowsコマンドだが、その実力を生かすにはいくつかのコツがある。特にWindows 10には、Windows 7/8.1と違う独特の“クセ”があるので要注意だ。

 近年、Windowsを取り巻くネットワーク環境が大きく変わっている。それは、ほとんどのWindowsパソコンが、標準でICMP(Internet Control Message Protocol)に応答しなくなったことだ。ICMPとは、IP通信を手助けするプロトコルである。相手とIPの通信ができるかどうかを確認したり、経路変更やエラーが発生したことを伝えたりするために使う。ネットワーク機能に関わるWindowsコマンドの多くが、このICMPを使っている。

ネットワーク管理に重要なICMP

 ICMPはIPで通信する機器には実装が義務付けられている。ICMPでやりとりするメッセージは「エラー通知」と「問い合わせ」の2種類に大きく分けられる(図1-5)。

ICMPはIP通信のエラーを通知したり(エラー通知)、宛先の機器と通信できるかを調べたり(問い合わせ)してIP通信を手助けする
[画像のクリックで拡大表示]

 エラー通知は経路に障害が発生したり、宛先までの最適経路が変更になったりした場合に、送信元にそれらの情報を通知するために使う。例えば、IPのパケットを受け取ったルーターが転送できなかった場合に、ICMPメッセージでエラーを送信元に伝える。

 問い合わせは、相手との通信に問題がないかを調べるものだ。pingコマンドでは、ICMPのエコー要求を送ると、それを受け取った相手がエコー応答を返す。これにより、相手と通信できることが確認できる。

 すべてのWindowsがICMPを実装している。しかし、Windowsのファイアウオール機能が有効になっていると、ICMPをブロックしてしまうため応答しないのだ。このため、Windowsコマンドを使ってWindowsパソコンとの疎通や状態を確認することができない。

ファイアウオールがICMPを遮断すると従来のトラブル対処法が通用しないことがある
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら