Q7 ある組織で、従業員のパソコンからインターネットやサーバーにアクセスできないというトラブルが発生した。この組織のネットワーク構成は図のようになっている。当初は、最初のトラブルに気づいたパソコンと、その近くにあったパソコンだけがアクセスできなかった。しかししばらくすると、組織全体のパソコンがアクセスできなくなった。レイヤー2スイッチのリンクランプを確認すると、赤色に激しく点滅していた。これらの状況から、最初に疑うべきトラブルの原因を挙げ、その原因はどこにあるのか、最も適切な組み合わせを選びなさい。

[画像のクリックで拡大表示]
  • (1)ウイルス感染、サーバーがウイルスに感染している
  • (2)ネットワーク機器の不具合、レイヤー2スイッチCが故障している
  • (3)ネットワーク機器の不具合、ルーターが故障している
  • (4)ループ、レイヤー2スイッチAの配下にリング状に接続されたケーブルがある
  • (5)ループ、レイヤー2スイッチBの配下にリング状に接続されたケーブルがある

A7 正解(4)

 ネットワークトラブルで、ネットワーク機器のリンクランプが激しく点滅したときはまずループの発生を疑うべきだ。ループは、ケーブルの接続ミスなどでできたリング状に閉じた経路のこと。パソコンなどが送信したブロードキャストフレームがネットワーク内で増殖するブロードキャストストームが発生し、正規の通信ができなくなる。

 問題文のトラブルでは、レイヤー2スイッチAが最初に機能しなくなったと考えられる。その後ブロードキャストストームが、レイヤー2スイッチCやレイヤー2スイッチBにまで影響を及ぼし、組織全体にトラブルが広がったとみられる。このため、原因となるループはレイヤー2スイッチAの配下に存在すると考えられる。

[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら