イラスト:ゲッティイメージズ、 撮影:スタジオキャスパー、 商品提供:アディダス ジャパン

複雑形状の部品を単品であっても短納期、低コストで造れる可能性があるAM(アディティブ・マニュファクチャリング)/3Dプリンティングが、ものづくりの在り方を大きく変える技術として注目を集めている。これまでそのメリットを生かせる用途は一部の分野に限られていた。しかし、AM技術の進化と活用ノウハウの蓄積が進み、製造手段としてAMを使うのが当たり前になりつつある。


出典:日経ものづくり、2019年7月号 p.39
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。