現在、日本では2つのベンチャー企業が小型衛星打ち上げ用ロケットの開発を表明し、実際に開発作業に取りかかっている。インターステラテクノロジズ(IST)*1と、スペースワンだ。

*1 筆者はISTの前身となった「なつのロケット団」のメンバーで、ISTの設立にも関わった関係者の1人である。できるだけ客観的に記述するように努めるが、この点は留意いただきたい。

 ISTは2019年5月4日、高度100kmの宇宙空間到達を目指す弾道飛行ロケット「MOMO」3号機を打ち上げ、高度113.4kmまで到達させた(図1)。高度100km以上の宇宙への到達に成功したのは、日本の民間ロケットとしては初めてだ。

図1 MOMO3号機の打ち上げ
(出所:インターステラテクノロジズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 2社の戦略は対照的だ。ISTは独立資本で基本的にロケット各部の部品をインハウスで製造し、液体2段ロケットを打ち上げる。これに対してスペースワンは航空宇宙メーカーと大手電子メーカーに銀行が加わって設立し、各部品を親会社に発注してインテグレートして、固体3段式ロケットを用いる。

 大きく異なるアプローチを取る両社だが根本の戦略は共通している。衛星打ち上げ用小型ロケットを開発し、国際的な商業打ち上げ市場に参入するという目標だ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら