隠れた実力を持つ中小のものづくり企業の生産現場を訪れ、強さの裏にあるトップの考えや現場での取り組みを探る本連載。第3回は、精密鋳造の技術を軸に他との差異化を追い求める金属部品メーカー、キャステム(本社広島県福山市)を訪ねた。

■ 企業概要
キャステム
創業1970年2月
従業員数266人
事業内容ロストワックス精密鋳造部品・セラミック射出焼結部品などの製造
資本金7996万円

 「2019年の新入社員は21人。200人が応募してきたので求人倍率は10倍だ。優秀な順に選んだら新入社員15人は女性となった」。キャステム代表取締役社長の戸田拓夫氏は、自社の人員採用についてこう語る(図1)。

(a)
[画像のクリックで拡大表示]
(b)
[画像のクリックで拡大表示]
図1 キャステム本社と鋳造現場
広島県福山市に本社と工場を構える(a)。本業はあくまで産業用部品の鋳造(b)。ロストワックスによるものづくりを得意とする。(写真:キャステム)

 同社は精密鋳造を得意とする金属部品メーカーだ。ロストワックスやメタルインジェクション(MIM)の優れた技術に根差したものづくりで独自の地位を確立しており、その製品は産業用機器や医療機器、半導体装置など幅広い分野で使われている。拠点も国内にとどまらず、東南アジアや米国、南米などグローバルに展開している。

ロビンマスクからボクサーの拳まで

 しかし、MIMなどの素形材加工技術を持つだけで倍率10倍もの応募があるわけではない。何がそこまで人を集めるのか。

 同社の強さの鍵は、同社が企業としての行動原理を「ユニークネス」に据えている点だ。とにかく“変な物”を造っている。同社が独自に運営するネット通販サイト「アイアン ファクトリー」や、店舗型ギャラリー「アイアンカフェ」には、他で見たことのない金属加工品が並ぶ。

 例えば、鏡面仕上げが美しいキン肉マンの「ロビンマスク」。地元広島カープの優勝を記念するグッズ「赤ヘル呑み」。フィリピンのボクシングの英雄であるマニー・パッキャオ本人から型取りして血管・手のシワ・毛穴までも金属で忠実に再現した「鉄拳」。果物や草花、昆虫といった「リアル金属オブジェ」など。まず同社しか造っていなさそうな代物ばかりだ(図2)。

(a)
[画像のクリックで拡大表示]
(b)
[画像のクリックで拡大表示]
(c)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 キャステムが販売する“変わったもの”の数々
アイドルの手を型取りしたスマホスタンド(a)。AKB48グループであるSTU48のアイドル本人の手を型取ったもので、通販サイトでは1分で売り切れるほどの人気を集めた。(b)はリアルロビンマスクと戸田社長。成形後に新潟県燕市で鏡面加工仕上げを施している。(c)は野菜の金属オブジェ。ピーマン、ミニトマト、シメジ、シイタケやブロッコリーなどが並ぶ。(写真:キャステム)

 本社の一角にあるホワイトボードには、カラフルに彩られたイラストでユニークな製品のアイデアがびっしりと書き込まれている(図3)。「社員からアイデアがどんどん出てくるし、面白いと思ったものは全部造る」と、戸田氏には迷いがない。

図3 アイデアがびっしりと書き込まれたホワイトボード
横幅3mほどのホワイトボードに新製品のアイデアが掲示されている。右側半分には最新のアイデアがイラスト付きでぎっしりと書き込まれていたが、遠慮して左側の「過去のアイデア」のみ撮影。(写真:キャステム)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら