[画像のクリックで拡大表示]
T876工場
所在地岐阜県土岐市
延べ床面積5820m2
稼働開始時期2017年10月
生産品目パンチング金型
生産能力3万本/月

 生産ラインの直接作業者を従来の1/3にまで減らし、生産能力1.5倍・1人当たり生産高4倍を実現した工場がある。板金を打ち抜き加工するタレットパンチプレス(タレパン)用のパンチング金型を生産するアマダ土岐事業所の「T876工場」だ*1。産業用ロボットや自動化セル、自動倉庫などによる徹底した自動化と、IoT(Internet of Things)による設備監視などを駆使している。

*1 T876工場の事業主体は、アマダツールプレシジョン(本社神奈川県伊勢原市)。

365日×24時間止まらない工場目指す

 T876の「T」は「土岐」と「ツール(工具)」を意味し、「876」は、同工場が目指す365日×24時間=8760時間止まらない工場を目指すとの意で名付けた。かつてはアマダの伊勢原事業所(神奈川県伊勢原市)にあった生産機能を移管し、2017年10月に稼働を開始した。

 パンチング金型はパンチ・ダイ・ガイドに「スプリング」を組み合わせ、ガイドに挿入したパンチとダイで鋼板を打ち抜いて穴を開けるツールだ。そのうち同工場で生産するのは、小径(1/2インチおよび1-1/4インチ)の標準品の「パンチ」と「ダイ」、「ガイド」である(図1)。

図1 T876工場で生産する小径パンチング金型部品
パンチ、ダイ、ガイドを生産する。スプリングユニットの生産は外注している。
[画像のクリックで拡大表示]

 しかも、同工場で生産するパンチ・ダイ・ガイドは形状や材質の違いで全128種類もある。その上、これに顧客が指定する刃先寸法を組み合わせるとバリエーションは10万種を超える。この多種多様な金型部品を、顧客の求めに応じて短納期で製造・納入するために、生産効率向上と短納期を実現すべくT876工場で挑んだのが、冒頭に述べた徹底した自動化とIoT化、ワークのトレーサビリティー管理というわけだ。

 製造工程はパンチ、ダイ、ガイドのいずれも、荒加工を行う「前工程」、熱処理と半成り品(刃先を仕上げる前の状態)までの中仕上げを行う「半成り工程」、刃先を仕上げる「完成工程」の3工程に大きく分かれる。T876工場内は、それぞれの生産ラインを平行に配置したレイアウトとなっている(図2)。

図2 生産プロセスのラインのレイアウトの概要
大きく、「前工程」「半成り工程」「完成工程」の3段階から成る。パンチ、ダイ、ガイドの生産ラインが並行して走っている。最後の完成工程は、高い寸法精度が求められるため恒温室構造となっている。
[画像のクリックで拡大表示]

 「従来の人の作業を徹底して自動化した」。アマダ上席執行役員土岐事業所長の伊東正人氏はこう語る。主な自動化設備だけでも工作機械39台、産業用ロボット45台、AGV(自動搬送機)3台、自動倉庫4台(4400棚)に上る。工作機械や検査装置への投入・排出、コンテナやパレットへの積載・取り出し、設備間の搬送といったワークの移動は、産業用ロボットやガントリーローダー、ローラコンベアなどで全て自動化されている。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら