[画像のクリックで拡大表示]
鶴岡東工場
所在地山形県鶴岡市
延べ床面積16526m2
敷地面積24400m2
従業員数約150人
稼働開始2017年
生産品目薄膜コイル部品
[画像のクリックで拡大表示]
稲倉工場東サイト
所在地秋田県にかほ市
延べ床面積15375m2
敷地面積50000m2
従業員数約270人
稼働開始2016年
生産品目フェライト材料、フェライトコア部品

 「工程改善を積み重ね、最適化した最終形態として自動化した。高い品質のフェライトコア*1を製造する現時点での究極の姿」とTDK稲倉工場東サイト(秋田県にかほ市)工場長の須田和博氏が胸を張るのが、2017年4月に稼働した「DSS(Direct Sintering System)」と呼ぶ自動化ラインだ(図1)。鳥海工場(にかほ市)から設備を移した稲倉工場東サイトの主力製品は、フェライトコアだ。その製造の全工程をわずか5mとコンパクトに凝縮した。

図1 TDK稲倉工場東サイトのフェライトコア製造集約自動化ライン「DSS」
「あるべき姿」活動を踏まえて、フェライトコア製造の全工程を集約、フェライト顆粒を焼結して製品にする工程を自動化した。鳥海工場時代に総延長200mあった工程を5mにまで集約。製造に要する時間も45時間から4.5時間に短縮した。
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

*1 フェライトコア 磁性体フェライトを固めた電子部品。銅線を巻き付けるなどして電源回路用のインダクター(コイル)部品やノイズ対策部品にする。(出所:TDK)


 原料のフェライト顆粒を投入すると、プレス成形、バリ取り、焼結の工程を経て約3~10mmの小型品をリードタイム約4.5時間で造る。同時に、各工程は各種センサーで常時監視し、データを蓄積・分析して、稼働条件を最適化する改良は進行中だ。「データ分析からチョコ停の原因などを特定して1つひとつ取り除き、稼働率をどんどん上げている」(TDK電子部品ビジネスカンパニーマグネティクスビジネスグループ生産技術部 部長の佐藤貞樹氏)。

 自動車の電装部品などで使われる薄膜コイル(インダクター)部品*2を製造する鶴岡東工場(山形県鶴岡市)。その1階フロアで1台のロボットがケースから薄膜コイルの材料となる金属基板を取り出し、次のめっき工程用の透明アクリルトレーに載せる作業を黙々とこなす(図2)。2018年10月に稼働したこのロボットは従来、人手に頼っていた作業を自動化したものだ。ただしその目的は単なる省力化ではない。

図2 TDK鶴岡東工場の薄膜コイルのめっき前工程を自動化する装置
薄膜コイルの配線の素になる金属基板を、めっき工程用のトレーに載せる工程をロボットで自動化している。もともとは手作業だったが、「あるべき姿」活動で不良発生のリスクを認識。吸着治具を利用する方法に変えて歩留まりを改善した。さらにリスクを減らすためにロボットによる自動化を導入した。
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

*2 薄膜コイル(インダクター)部品 電流が流れる配線をめっき工程で形成する。小さいが大電流が流せるため、自動車電装部品の電装回路向けなどで採用が増えている。(出所:TDK)

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら