中国メーカーに部品や製品の製造を依頼すると、なぜか不良品などのトラブルが起こります。しかしその本当の原因は中国に無理解な日本人設計者にあることが少なくありません。駐在の4年半を含めた7年間、中国でのものづくりに関わった私が、失敗経験を紹介しつつ、その理由を分かりやすく解き明かそうというのがこの連載の趣旨です。

 前回は、中国の「ヒト」「コトバ」「モノ」を理解することの大切さをまず簡単にお伝えしました。今回はこのうち「ヒト」に関して、つまり「中国人の国民性と仕事の仕方」について、私の失敗経験を交えて、さらに詳しく解説したいと思います。

最初はカバーの成形不具合かと思ったが…

 私がソニーでプロジェクターの新製品を設計していた頃の話です。そのとき私は、プロジェクターを量産する中国の工場と同じ建物の中にある設計事務所で働いていました。量産が始まり2~3カ月経ったある日、プロジェクターの量産ラインの担当者から突然連絡が入りました。「プロジェクターの外装のトップカバーが取り付けられないので、見に来てほしい」と言うのです(図1)。

図1 量産開始後、突然トップカバーが取り付けられなくなったプロジェクター
[画像のクリックで拡大表示]

 最初はトップカバーの成形不良かなと思いました。たまたま正しい形に仕上がっていないロットの部品が届いてしまい、嵌合(かんごう、はめ合わせ)がうまくいかない不具合だと考えたのです。ところがラインに駆け付けて、よく確認してみるとそのような生易しい問題ではありませんでした。プロジェクター内部の部品がトップカバーの内側に当たって取り付けられなくなっていたのです。

 内部の部品は、複数の部品を組み立てたサブアセンブリーの集合体です。ですので、その組み立て方に問題があるのではないかと考えました。そこで各部品の組み立てをよく調べてみると、送風ダクトを構成する2部品が互いに嵌合していない状態で組み立てられていると分かりました。嵌合できないので高さ方向が設計値より大きくなります。これではトップカバーが閉まらないのも無理はありません。

承認サンプルよりも0.4mmも小さい穴

 そのプロジェクターは光源にランプを使っており、温度は最高で約1000℃近くまで上昇します。よってその周辺部品は耐熱樹脂を使用したり、ファンを取り付けて冷却したりしています。送風ダクトは効率的な冷却を狙ったものです。

 このプロジェクターの送風ダクトは2つの部品で構成されており、片方の部品の先端をもう片方の部品の穴部に差し込んで嵌合する構造になっています。差し込む方の部品は以前から使用していた流用部品でした。急に寸法が変わってしまうなんてことは、まずありません。しかし、差し込まれる穴部がある部品は、今回の新製品のために新規設計した樹脂製部品でした。

 この新規設計部品の金型や成形条件、もしくは製造設備などに何か問題があるのかもしれません。急いでその部品の成形メーカーに出向きました。私のいる設計事務所(量産工場)から20分ほどの所にある、成形機が220台もある、とても大きな成形メーカーです(図2)。

図2 送風ダクトの部品を成形していた成形メーカー
成形機が220台もある大きな工場だった。
[画像のクリックで拡大表示]

 成形メーカーに到着し、早速持ち込んだ問題の部品と量産開始前の承認サンプル、そしてその成形メーカーにある現在生産中の最新の部品の寸法を比較しました。なんと承認サンプルと比較して、持ち込んだ問題の部品だけでなく成形メーカーで生産中の最新の部品の嵌合部分、つまり穴部(角穴)の直径が0.4mmも小さくなっていたのです(図3)。このために、もう片方の部品を差し込めない状態になり、そのままで組み立てていたのでした。

図3 嵌合しないダクトの断面図
新規設計した部品の穴が、なぜか小さくなっていた。
[画像のクリックで拡大表示]

0.2mmくらいの変更は「没問題」

 なぜ0.4mmも小さくなってしまったのか。その成形メーカーには、私の知り合いの中でも日本語レベルがトップクラスの通訳がいました。日本に8年住んだこともあり、愚痴も十分通じるレベルです。なぜ0.4mm小さくできてしまったか、もちろんその通訳も知りませんが、成形メーカーの技術リーダー、品質保証担当、金型担当、成形担当を呼び出して、彼らの詳しい話を聞いているうちに原因がやっと分かってきました。

 この部品の穴部(嵌合部分)には高さ3mmくらいの壁が立っています。その壁の厚みは0.5mmでした。量産を開始してしばらくすると、量産開始当初には問題にはならなかったこの壁の部分に、樹脂の流動性の問題でショート(樹脂が流れない不具合)が発生してしまったと言います。そこで成形担当が金型担当に指示を出し、その壁の厚みを0.5mmから0.7mmに変更していたのです。この際、内側に0.2mm厚みを増したため、両側で合計0.4mm、穴部の直径が小さくできてしまい、差し込まれるはずの部品が入らなくなってしまったのでした。

 成形担当は、この部品の使われ方を知りません。ダクトであることはもちろん、もう片方の部品を差し込んで嵌合するなどということは知る由もありません。そのような成形担当が私に言った言葉は、「没問題(問題ない)と私は思った」とのことでした。「0.2mmくらいの変更は問題の起こるレベルではないだろう」という判断が成形担当だけで行われたのでした。

 金型は、部品の作製を依頼した設計者が所属する企業の持ち物です。金型の変更には設計者の承認が必要です。ましてや部品承認を終えてからの金型変更なので、成形メーカーの独断で金型を変更するようなことは絶対にあってはなりません。

 本来、このように成形メーカーで部品ショートなどの問題があったときの正しい対処方法は次のようになります。

  • ・成形メーカーから金型変更の提案
  •  ↓
  • ・設計者が検討
  •  ↓
  • ・設計者から金型変更を指示

 これはお互いの企業のルールになっているはずなのですが、成形担当の「没問題(問題ない)と私は思った」という独断が災いして起こった問題でした。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら