スマートグラスとヘッドマウントディスプレー(HMD)は既に多数の製品が出荷されており、工場などの現場での活用例も増えている。新規参入製品も含め、国内で入手できる主要なスマートグラス/HMD製品をピックアップして紹介しよう。

スマートグラス
●ディスプレーの方式と解像度 ●OS ●カメラの画素数 ●センサーの種類 ●重さ ●価格(税別)と出荷時期

HMT-1Z1(米リアルウエア)
●単眼、854×480ピクセル ●Android 6.0.1 ●1600万画素●9軸モーションセンサー/GPS ●430グラム ●92万8000円

■出所:米リアルウエア
[画像のクリックで拡大表示]

防爆対応の単眼スマートグラス。国内防爆認証TIIS Zone-1に対応する。Androidを採用しており、1ボタンと音声認識で操作する。マイクはノイズキャンセリング機能付きでスピーカーとカメラなどを装備する。国内販売元の1つであるJMACSは同社のスマートグラス向け遠隔作業ソリューション「nvEye's」とセットで販売する。


MOVERIO BT-350(セイコーエプソン)
●両眼シースルー、1280×720ピクセル ●Android 5.1 ●500万画素 ●9軸モーションセンサー/GPS/照度センサー ●119グラム(HMD部) ●オープン価格(市場で約10万円)

■出所:セイコーエプソン
[画像のクリックで拡大表示]

両眼シースルー方式のスマートグラス。コントローラーとケーブルで接続して利用する。IPx2生活防水に対応。ヘルメット装着型でIP54準拠の防塵防水機能を備える「BT-2000」やHMDの「BT-30E」などのラインアップを揃え、国内で多数の利用実績がある。


AceReal One (サン電子)
●両眼シースルー、縦型720×900ピクセル ●Android 6.0.1 ●800万画素 ●9軸モーションセンサー/GPS/ステレオカメラ ●293グラム(HMD部) ●55万5000円(業務支援アプリケーション込み) ●2019年春出荷予定

■出所:サン電子
[画像のクリックで拡大表示]

IP54準拠の防塵防水対応で両眼シースルー方式のスマートグラス。タッチディスプレーと操作ボタンを備えるコントローラーとケーブルで接続して使う。業務ドキュメント表示に向く縦型のディスプレーを採用する。メインカメラの他にステレオカメラを別途装備。同社の業務支援アプリケーション「AceReal Apps」とセットで販売する。


M300 (米ビュージックス)
●単眼、640×360ピクセル ●Android 6.0.1 ●970万画素●9軸モーションセンサー/近接センサー/照度センサー ●110グラム ●オープン(市場で約13万円)

■出所:米ビュージックス
[画像のクリックで拡大表示]

眼鏡などにクリップで取り付けるタイプのAndroidを採用した単眼スマートグラス。左右どちらでも装着でき、防塵防水機能を持つ。本体のタッチパットと3つのボタン、音声で操作可能。カメラを強化し、クリップ取り付け型の外付けバッテリーなどを追加した上位製品もある。2013年からスマートグラスを手掛ける老舗で2015年に米インテルの出資を受けた。


WCc-X5(コニカミノルタ)
●単眼シースルー、1280×720ピクセル ●Windows 10 Pro ●200万画素 ●非公開 ●35グラム(HMD部) 価格は要見積もり

■出所:コニカミノルタ
[画像のクリックで拡大表示]

ホログラフィック光学素子を使った単眼シースルー方式のスマートグラス。外光透過率が80%以上で、実景の視認性を妨げない特徴がある。HMD部は超小型軽量で、Windows 10 Proが動作するコントローラーと接続して使う。ドキュメント表示や共有、遠隔作業支援などを主な用途に想定する。


InfoLinker2(ウエストユニティス)
●単眼、640×400ピクセル●Android 7.0 ●500万画素 ●9軸モーションセンサー/GPS/近接センサー/気圧センサー ●60グラム ●19万円以下で2019年春出荷予定

■出所:ウエストユニティス
[画像のクリックで拡大表示]

眼鏡などにクリップで取り付けるタイプのAndroid採用の単眼スマートグラス。左右どちらでも装着可能で、小型軽量の有機ELディスプレーを採用して現行品より画質を向上させた。IPX4防水対応。カメラの他、マイク、スピーカーも搭載する。側面に配置したボタンとタッチセンサーで操作する。


HoloLens (米マイクロソフト)
●両眼シースルー、1280×720ピクセル ●Windows 10 ●9軸モーションセンサー/環境認識カメラ/深度センサーなど ●579グラム ●33万8000円から

[画像のクリックで拡大表示]

多彩なセンサーを装備し、さまざまな用途をカバーできる高機能なスマートグラス。各種センサーを使って単体で今居る空間の状況を把握する能力を備える。音声コマンドと手によるジェスチャーで操作する。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら