HoloLens写真:スタジオキャスパー
[画像のクリックで拡大表示]

熟練技能者の高齢化と生産年齢人口の減少に伴う人手不足から、ものづくりの現場では技能継承への危機感が、かつてないほど強まっている。契約社員などの入れ替わりにつながる法改正が追い打ちをかける。そこで期待されているのが、ベテランの技やノウハウを正確に抽出し、効率的に伝えるデジタル技術だ。感覚ではなく数値で、文字ではなく映像で、熟練技能者のノウハウを若手に伝えられる。人工知能やスマートグラス、画像解析など、新しい技術を駆使して若手を育成する企業が増えてきた。

出典:日経ものづくり、2019年2月号
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。