マスカスタマイゼーションに向けた取り組みが必要との認識は約6割。多いと見るか少ないと見るか微妙だが、顧客の満足度を高めたり、顧客に新しい価値を提供したりするのに意味を見いだす回答は少なくない。実現に向けて、設計作業の所要時間短縮や生産性を考慮した設計の実現、生産面ではIoTによる効率的な多品種少量生産、個別製品の品質保証が重要と考えられている。

Q1 自社が競争力を高めていくためにはマスカスタマイゼーションへの取り組みが必要だと思うか。(1つ選択)

[画像のクリックで拡大表示]

マスカスタマイゼーションへの取り組みが必要とする回答は、「かなり必要だと思う」「少しは必要だと思う」の合計で6割弱だった。「あまり必要だとは思わない」「全く必要だとは思わない」との回答は少ないものの、必要かどうかの認識に至らないとみられる「分からない」が2割に上る。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら