[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

自動車の内外装を好みにデザインに

 ドイツBMWは「MINI」の内外装部品をカスタマイズできるサービス「MINI Yours Customized」を2018年春に開始した。ユーザーがWebサイト上でデザインを変更できる。カスタマイズした部品はBMWの工場で3Dプリンターなどを活用して製造する。(出所:BMW)

[画像のクリックで拡大表示]

金属部品もカスタマイズ

 ドイツ・フォルクスワーゲン(Volkswagen)は2018年9月、米HPが開発した金属3Dプリンターの最新機種「HP Metal Jet」で造った部品を調達することを明らかにした。キーケースのような部品のカスタマイズも検討しているようだ。

[画像のクリックで拡大表示]

サイズや走り方でシューズを最適化

 ドイツ・アディダスの「Futurecraft 4D」は3Dプリンターで造形したミッドソール。ユーザーの足の大きさや形状だけでなく、走行時の骨格の動きなどに基づいて形状を最適化する。

[画像のクリックで拡大表示]

レンズの位置からフレームを設計

 ベルギーのマテリアライズとレンズメーカーのHOYAビジョンケアなどは、オーダーメードのメガネ製造用プラットフォーム「Yuniku」を開発。単にデザインをカスタマイズしたりサイズを調整したりするだけではなく、視力を調整するというメガネ本来の機能も最適化できる。(出所:HOYA Vision Care)

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら