QFD(品質機能展開)の進化形である「QFD-Advanced」は汎用技術との連携を特徴としています。今回は汎用技術のうち、問題発生の未然防止に関わるFMEA(Failure Mode and Effects Analysis)やDRBFM(Design Review Based on Failure Mode)との連携について、具体例を基に説明します。

 題材にする製品は、印刷機やプリンターなどで用いられている画像形成装置の「紙送りシステム」です(図1)。同システムではカセットに用紙が収納されており、そこからピックアップローラーで用紙を送り出します。送り出された用紙はフィードローラーとリバースローラーに挟まれて1枚目のみが送られ、もし用紙が重なっていた場合2枚目の用紙は戻されます。送られた1枚目の用紙はタイミングローラー部で一度停止し、印刷のタイミングに合わせて次工程に送り込みます。

図1 紙送りシステムの中央断面図
[画像のクリックで拡大表示]

 この紙送りシステムに対してQFDを適用して整理・分析する際の基礎となる基本二元表のうち、「品質-機能」二元表を表1、「機能-設計パラメーター」二元表を表2として示しておきます。

表1 紙送りシステム:品質-機能二元表
[画像のクリックで拡大表示]
表2 紙送りシステム:機能-設計パラメーター二元表
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら