メーカーが提供する製品は、当然ながら何らかの技術が組み込まれ、あるいは技術を用いて開発・生産されます。例えば「うちの製品が市場でシェアを獲得しているのは、材料メーカーとの緊密な開発協力と、長年培ってきた微細加工技術のたまものだ」と言うメーカーの社員がいらっしゃったとしましょう。この場合、発言者が所属するメーカーの製品が成り立つには、“材料技術”と“微細加工技術”が極めて重要な役割を担っているのだろうと判断できます。

 この“材料技術”と“微細加工技術”のように、製品に要求される性能を支える技術を「固有技術」といいます。「製品にとって固有(必要)」の技術であるという意味合いと、開発生産をしている「メーカーにとって固有(独自)」の技術であるという両方の意味を込めています。

 さらに製品開発や生産に使う技術には、固有技術を生かして適切に活用するための「汎用技術」と呼ばれるものもあります(図1。品質工学、FMEA(Failure Mode and Effect Analysis)、TRIZ(旧ソビエト連邦で生まれた問題解決理論)、FTA(Fault Tree Analysis)、DRBFM(Design Review Based on Failure Mode)などがよく知られています。そして、次に登場するQFDもまたそんな汎用技術の1つです。

図1 汎用技術の位置付け
出所:産業革新研究所の熊坂治氏による講演資料(第67回科学技術者フォーラム)
[画像のクリックで拡大表示]

* 図1にある通り、技術には固有技術と汎用技術に加えてもう1つ「管理技術」がありますが、ここでは固有技術と汎用技術を対象とします。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら