自動車部品メーカーのジヤトコ(本社静岡県富士市)は、安価な協働ロボットを使った自動化に挑もうとしている(図1)。利用するのは、中国Shenzhen Yuejiang Technologyの「Dobot Magician」。4軸で可搬質量500gと性能は限られるが、設置面積が約160mm四方と小さく、何より14万円程度という低価格が魅力の協働ロボットだ。

図1 Dobot Magicianを使ったピック・アンド・プレース作業の試験
メインラインで組み立てる製品に合わせて、十数種の部材(ボルトなど)を100個以上選び出してトレー上に整列させる作業を自動化する。部材を認識するため、カメラと照明が設置してある。
[画像のクリックで拡大表示]

 ジヤトコでは、自動機を使った組立工程のメインラインにワークを供給するサブラインで、同ロボットを活用しようとしている。具体的には、組立工程で使うボルトなどの部材をトレー上に整列させる「ピック・アンド・プレース」作業をDobot Magicianに担わせる(図2)。部材を並べたトレーは、無人搬送車(AGV)を用いて組立ライン(メインライン)に運ぶ計画。2018年の稼働開始を念頭に開発を進めているところだ。

図2 ピック・アンド・プレースを担うサブラインのイメージ
組立工程を担うメインラインに対し、サブラインは部品などを準備してサポートを担っている。ワークの変更に応じて、サブラインのレイアウトも変える。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら