若手が一人前になるのに10年かかってしまう─。技研製作所常務取締役の前田みか氏は、技術部門の担当になったときに感じていた。設計をどう進めるかがベテランの頭の中にしかなく、若手は指導役のベテランのやり方をそのまま踏襲するしかない。しかも、ベテランによって設計の進め方はまちまちであり「機種によって担当できる人が決まってしまっている」(同氏)状況だった。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら