これまで蓄積した技術的知見やノウハウが若手に適切に継承されないのではないか─。多くの人がこう心配するのは、引き継ぎ実行の難しさの裏返しともいえる。将来のさまざまな事態に備えるため、今ある技術のできるだけ全部を引き継ぐべきか。「何をどう引き継ぐべきか」を考える上で「企業が持つ知見を棚卸しする必要がある」とする意見が目立った。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら