AHS (無人ダンプトラック運行システム)GPSや無線ネットワークを活用し、超大型ダンプトラックの無人稼働を実現する。2005年から3年間の試験運行を経て、2008年1月に商用導入を開始した。2018年時点で稼働台数は100台を超える。人為的な事故の防止と人件費や燃費といったコストの削減、稼働の長時間化・安定化が図れる。無人専用運搬車両の開発も進めている。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら