海洋プラスチックごみ問題などをきっかけに、サーキュラーエコノミー(CE、循環型経済)を意識した製品やサービス、製造に対する関心が高まりつつある。CEでは、廃棄物量を抑えたり、再利用や資源リサイクルを促進したり、シェアリングしたりしながら、利益を生み出して経済的に成立するビジネスモデルを目指す。しかし、調査からはまだまだ認知度が低い実態が浮かび上がった。コストがかかるとの懸念も強く、取り組みは限定的なようだ。

Q1 サーキュラーエコノミー(CE)とは
何か知っているか

4割以上が「知らない」(41.9%)と回答。「聞いたことはあるがよく知らない」(17.6%)と合わせると過半数はCEをよく知らない。「よく知っている」(15.5%)、「多少知っている」(25.0%)は合わせると4割ほどに上るが、認知度は低いと言わざるを得ない。

[画像のクリックで拡大表示]

Q2 設計/製造に携わっている製品は、リサイクル性の高さを考慮した設計や構造となっているか(複数回答可)

CEの要素の1つである設計面でのリサイクル性について聞いた。28.4%が「リサイクルしやすい材料をなるべく使うようにしている」を挙げている。しかし、「特にリサイクル性は考慮していない」が34.5%とそれを上回る。「分からない」も17.6%で、CEを意識した製品設計に取り組んでいる現場は過半に満たない。取り組みはまだ限定的なようだ。

[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら