IoT(Internet of Things)の広がりによって製造業の中で収集・蓄積されるデータの質と量が大きく変わってきている。そのような状況の中で、その膨大なデータを分析・解析して生かすことができるデータサイエンティストの重要性が高まってきた。製造業におけるデータサイエンティスト(ものづくりデータサイエンティスト)の現状と課題を調査した。

Q1 日本の製造業でデータサイエンティストの
必要性が高まっていくか

製造業において今後、データサイエンティストの必要性が「高まっていくと思う」とした回答は71.6%と4分の3近くになり、「低くなっていくと思う」の0.8%よりも圧倒的に多い。ただし、「分からない」も2割近くあり、データサイエンティストの実像への理解不足もうかがい知れる。

[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら