頻発する品質問題の背景には、議論なき現場と、品質を総括する人の不在がある─。デンソーの開発設計者出身で、トヨタグループの品質スペシャリスト「SQCアドバイザー」も務めた皆川一二氏はこう語る。「技術者塾」において講座「品質完璧マスターシリーズ」の講師を務める同氏は、品質問題の背景には「品質を総括する人」がいない状況があると指摘する。

皆川さんは、日本企業の品質力が低下している状況に対して警鐘を鳴らしています。最近、特に問題を感じている点はありますか。

皆川氏:自動車業界で最近問題だと感じているのは、電動化や自動運転化ありきで進んでいるムードです。「何のための電動化か、自動運転化か」という議論が足りないように感じます。

 本来、品質機能展開(QFD)を使い、顧客が何を求めているかを把握して初めて、追求する機能が見えてくるはずです。ところが、顧客が求める機能の実現という目的をわきに追いやって、電動化や自動運転化といった手段の実現が目的化している。この状況が気掛かりです。

 例えばQFDを実施した結果、自社が想定する顧客が、排出ガスがきれいな動力源を求めているとの結果を得たなら、電動化を積極的に進めてもよいでしょう。しかし、「欧州の有名企業が推進しているから」、「世界のトレンドだから」といった理由で開発を進めるのは間違いです。しかるべき品質手法に基づいて、論理的に判断して開発しなくてはなりません。

品質問題に悩む日本企業が増えている背景に何があると思いますか。

皆川氏:分業化を進めすぎた影響で、全体を見る人がいなくなっていることが大きいと思います。「全体最適」の視点が欠けているのです。例えば、自動車業界では設計者が実験を実施しなくなっています。実験課が専門的に実験をこなすからです。確かに、この方が業務を効率化できる利点があります。その半面、自ら実験を手掛けないので、設計者が感性を磨く機会や暗黙知を得る機会を失ってしまいました。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら