「トヨタ流人づくり 実践編 あなたの悩みに答えます」では、日本メーカーの管理者や社員が抱える悩みに関して、トヨタ自動車流の解決方法を回答します。回答者は、同社で長年生産技術部門の管理者として多数のメンバーを導き、その後、全社を対象とする人材育成業務にも携わった経歴を持つ肌附安明氏。自身の経験はもちろん、優れた管理手腕を発揮した他の管理者の事例を盛り込みながら、トヨタ流のマネジメント方法を紹介します。
悩み
部下のパフォーマンスに物足りなさを感じています。増員が難しい中で業務量が増えているため、部下1人ひとりの成果量をもっと増やしてほしいのですが、なかなか期待に応えてくれません。「最近の若い人は…」という言い方はしたくありませんが、自分が若かった頃に比べると明らかに実力が落ちている気がします。部下のパフォーマンスを引き上げる良い方法を教えてください。

編集部:若手社員の実力不足を指摘する声を、経営者や管理者からよく聞きます。職場やチームを率いる管理者にはどうしても数字という形の成果が求められます。組織の成果は、メンバーである部下全員の成果の総和ですから、部下1人ひとりの実力を高めなければなりません。中でも、若手社員の実力をいかに高めるかに悩む管理者は増えているようです。

肌附氏 確かに、若手社員の実力を心配する管理者はここ数年で特に増えてきた印象があります。しかし、私が若かった時にも同じ話を耳にしましたから、本当は日本企業にとって普遍的な話なのでしょう。従って、若手社員の実力不足が目に余ると言う前に、管理者には身に付けるべき所作があります。それは、部下に対する「心のマネジメント」です。既に本コラムで何度か紹介していますが、この心のマネジメントを実践できる能力がトヨタ自動車の管理者を務める上で求められる大切な条件の1つとなります。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら