スーパー電波望遠鏡「アルマ(ALMA=Atacama Large Millimeter/submillimeterArray)」は66台のアンテナで構成された世界最大の干渉計である。アルマはサブミリ波という極めて波長が短く微弱な電波を捉える。そのための受信機は天文学者たちが半導体素子から自分たちで作り上げる必要があった。

 アルマ望遠鏡は人類が創り出した、宇宙を見る、知る、最大の眼だ(図1)。

図1 アルマ望遠鏡と天空に架かる天の川銀河
(Credit:ALMA〈ESO/NAOJ/NRAO〉)
[画像のクリックで拡大表示]

 2013年3月の開所式から5年。アルマは、期待以上の成果、宇宙の成り立ちを明かし続けてくれている。

 それは、「私はどこから来たのか?」「私を作っている物質はどう生成されたのか?」、つまるところ「私とは何か?」という究極の問の答が続々と出ていることを意味する。

 「私とは何か?」は長いこと哲学の根本的な問だったが、その答を天文学という科学が、それを支えるとてつもない「ものづくり」がもたらしてくれる時代に立ち会えたことは、大きな幸運だと思わずにはいられない。

 だからこそ私は、アルマとは何か、どう創造されたのかの「技術」を知りたかった。

 2001年4月。私は国立天文台(三鷹市)に石黒正人さん(現・名誉教授)を訪ねた。石黒さんはアルマ計画の初期構想を立案、牽引した干渉計のスペシャリストとしてその実現に奮戦していた。この取材から私のアルマの取材は本格化したのである(図2)。

図2 石黒正人さん(国立天文台名誉教授)
アルマ計画の初期構想を立案、牽引した干渉計スペシャリスト。2001年4月のこの取材以降、私はアルマの取材を本格化した。(写真:山根事務所)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら