スーパー電波望遠鏡「アルマ(ALMA=Atacama Large Millimeter/submillimeter Array)」。南米チリ、アンデス山脈のアタカマ砂漠。海抜5000mの高地に設置された、全66台のアンテナで構成される世界最高の巨大電波望遠鏡である。アルマはなぜ、最初の観測対象として「おうし座HL星」を選んだのか。アルマの開発プロジェクトを1998年から取材したノンフィクション作家の山根一眞氏は、前・国立天文台長林正彦さんに再び会いに行く。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら