写真:Deutsche Messe

2019年9月、ドイツ・ハノーバーで世界3大工作機械見本市の1つ欧州工作機械見本市「EMO HANNOVER 2019(通称EMOショー)」(2019年9月16~21日、ハノーバー国際見本市会場)が開催された。2年に1度開催される同見本市。今年は世界中から12万人近くが訪れた。今年は、欧州や日本の大手工作機械メーカーがいままで以上に製品・サービスのデジタル化と、工程の自動化に注力していたのが特徴だ。メーカー各社が提案するスマート工場の実現に向けた最新技術や製品を紹介する。

デジタルツイン
日独大手が競演

 フィジカル(現実)空間に存在する「実物」をサイバー(仮想)空間に再現するデジタルツイン。デジタライゼーション(デジタル変革)の代表的な技術を工作機械に持ち込んだ新型NC装置を日本とドイツの大手2社がそれぞれ開発した。独シーメンス(Siemens)とヤマザキマザック(愛知県・大口町)だ(図1)。ワールドプレミア(世界初披露)の場としてEMO2019を選び、多くの来場者の注目を集めた。

(a)
[画像のクリックで拡大表示]
(b)
[画像のクリックで拡大表示]
図1 デジタルツインを実現する2社の新型NC装置
(a)がシーメンス、(b)がヤマザキマザックの開発品。(写真:日経 xTECH)

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら