ボルトの仮締めの手間を抑えるため、アイシン・エィ・ダブリュ(本社愛知県安城市)は13個ものソケットを備えたからくり「工場最速 “締めINボルト”」を製作した。サイドカバーを13本のボルトで製品に組み付ける際に利用する。同からくりで一気に13本の仮締めが可能になった。従来製品1台当たり20秒かかっていた作業時間を、5秒に短縮できた。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら