「Industrie 4.0」を推進するドイツで世界最大級の産業技術の展示会「Hannover Messe 2018」(ドイツ・ハノーバー)が4月23〜27日に開催された。出展社数は約5800社で、2016年の日本国際工作機械見本市(JIMTOF)の約6倍である。来場者数は21万人。工場のスマート化に貢献する展示が多数並び、インダストリー4.0が目指す製造業のデジタル化が大きく進展していることを示していた。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら