2019年10月24日~11月4日に開催された「第46回東京モーターショー」(東京ビッグサイト)。電動化シフトがますます鮮明となり、大手がこぞって電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHEV)を強くアピールしていた他、小型車への新技術搭載も目立った。来場者の目を引いた展示を写真で振り返る。

 トヨタ自動車 
レクサスの電動化を象徴するEVコンセプト車
「LF-30 Electrified」

エネルギー損失の少ない4輪駆動制御として、インホイールモーター(IWM)を採用している。レクサスは電動化に力を注いでおり、2019年11月にレクサス初となるEVを発表。2020年代前半にはPHEVやEV専用モデルを投入し、2025年には全ての車種で電動化モデルを用意する計画だ。

(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

個人が所有するスポーツカーの
EVコンセプト「e-RACER」

車両寸法は全長3340×全幅1615×全高970mmで、Aセグメント。車体の中央に、前後2人が座れる空間を設け、それに合わせてボディーを構成して四隅に車輪を配置する単純な構造とした。IWMを採用してモーターを4輪それぞれに配置することで、車体を小型化しやすくなる。家の中に駐車してゲーム機の端末のような使い方も想定している。走行時と同様にVRゴーグルを装着して運転席に座りステアリングなどを操作すれば、仮想空間で運転を楽しめる。

(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら