まだ辞めたくない─。そんな思いがにじむ会見だった。

 日産自動車で社長兼最高経営責任者(CEO)を務める西川広人氏が、2019年9月16日付で辞任した。同月9日夜に開いた記者会見で「今が次世代に任せるタイミングと考えた」と述べつつも、「道半ばでのバトンタッチ」や自身の想定よりも「やや早いタイミング」など言葉の端々に、辞任へ追い込まれた悔しさが現れた。

 「辞める意思はずっと持っていた」という西川氏。それでも、CEO職を最長であと数年続ける意向だったようだ。同年5月の決算発表会では「2年か3年で(日産を)元に戻す」(同氏)と述べ、続投の意欲を示していた。

 事態が急転したのは2019年9月9日の午後に開催された日産の取締役会。西川氏の進退を議論し、「(西川氏を除く)取締役会全員の一致」(同社社外取締役で取締役会議長の木村康氏)で辞任を要求すると決まった。西川氏には、受け入れる以外の選択肢はなかった。

 取締役会は同日午後9時から横浜本社で記者会見を開き、西川氏の辞任を発表(図1)。午後9時45分ごろから西川氏は単独で会見を始めた。冒頭に「全てを整理して次の世代に渡すはずだったが、それをやりきれず、大変申し訳ない」(同氏)語り、無念さをにじませた。

図1 不正に関する社内調査結果を報告
西川氏の辞任会見前に、日産の取締役会メンバーが会見した。マイクを握るのが取締役会議長の木村康氏。(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

ケリー氏の告発で風向き変わる

 辞任のタイミングが一気に早まったのは、西川氏が株価連動型報酬制度「SAR」の悪用を同年9月5日に認めたからだ。本来より4700万円多い報酬を受け取っていたことが判明した。

 日産の関係者によると、「(元代表取締役の)グレッグ・ケリー氏が告発するまでは、SARは不正の社内調査の対象に入っていなかった」という。ケリー氏が同年6月に、月刊誌のインタビューで西川氏の不正を主張したのをきっかけに、日産が事実関係を調べることになった。これで風向きが変わった。

 SARの悪用について、西川氏は会見で「ケリー氏に頼んでおり知らなかった」と主張。それでも、日産の取締役会は「社内外の求心力を考えると、このタイミングで辞任するのが適切」(木村氏)と判断し、西川氏に引導を渡した。

 日産は、西川氏の後任となるCEOを同年10月末までを目標に選定する。それまでの間は、最高執行責任者(COO)の山内康裕氏がCEOを代行する。現在、取締役の候補者を決める「指名委員会」が後任探しを急いでおり、「候補者を10人程度にまで絞り込んだ」(日産の社外取締役で指名委員会委員長の豊田正和氏、図2)。

図2 指名委員会委員長の豊田正和氏
(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 豊田氏は次期CEOの条件として、「日本だけでなく世界の自動車産業に詳しく、仏ルノーや三菱自動車と組むアライアンスへの深い理解と大きな関心があること」を挙げた。候補者は日産の幹部だけでなく、「ルノー出身者や女性、外国人なども含まれる」(同氏)という。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら