富士通は生産準備ツール「VPS(FUJITSU Manufacturing Industry Solution VPS)」で工程計画を支援する機能を強化した。同社が2019年8月5日に発売した新版「V15L21」において、各工程で使う生産設備や治具、場所、作業者といった情報に基づいて、工程の順番や作業内容を検討、決定していく機能を追加(図1)。「部品やユニット(ワーク)の3D設計データを利用しつつ、工程情報を集約した本格的なBOP(工程表、Bill of Process)を生産準備の早期から作成可能にした」〔開発会社のデジタルプロセス(本社神奈川県厚木市)VPSビジネス部部長の根本昭二氏〕。

図1 「VPS V15L21」のBOP作成機能の画面
左が以前からのVPSの組み付け順表示で、右上が新設の工程ツリー表示、右下が同じく工程ブロック図の表示。(出所:富士通)
[画像のクリックで拡大表示]

工程設計者に向けた機能を強化

 VPSは3Dモデルを基にした工程設計、生産ラインの構成や生産設備の検討、自動機の制御ソフトの開発、製造指示コンテンツの作成といった機能を持つ生産準備ツール。中核部分の「VPS MFG(Manufacturing)」には以前のバージョンから3Dで組み立て順序を検討したり、自動で生成したりする機能があった。ただし、「軸に回転部品を通してから両端を固定」「ねじを締めてから外側にカバーを取り付ける(ねじ締めの前にカバーを取り付けるとドライバーが入らない)」といった、形状や空間上の制約から組み立て順序を導くのが主目的。言い換えれば、生産技術者の業務や、設計技術者へのフィードバックを対象としていた。

 新版でも部品やユニットの3Dモデルを使うのは同じだが、生産計画担当者が生産現場の資源情報を勘案して工程内容を詰めていく過程を支援する。そのため、新版ではデータベースに生産設備や治具、場所、作業者といった工程ごとの資源情報を追加できるようにした。さらに、こうして追加した情報を扱うための「工程ツリー」「工程ブロック図」などの表示・編集機能も新設した。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら