武蔵精密工業(本社愛知県豊橋市)は、人工知能(AI)技術のイスラエル・シックスアイインタラクティブ(SixEye Interactive)と共同で、完全自動運転可能な無人搬送車(AGV)と、ディープラーニングによる製品外観検査システムを開発した。両者は人工知能(AI)技術の製造業への応用を目指す開発会社Musashi AI(本社愛知県豊橋市)の設立も発表。開発したシステムを「第3回AI・人工知能EXPO」(2019年4月3~5日、東京ビッグサイト青海展示棟)で展示した。

4輪駆動、4輪操舵のAGV

 無人搬送車は、AIによって途中径路を自動で決定する機能を持つ。荷の積み下ろしのために、どの地点へどの順番で立ち寄ってほしいかを指示すれば、地点間の進路を無人搬送車が自ら補間して決める(図1)。

図1 開発中の無人搬送車
走行デモの様子。経由地点を床の数字で示している。米エヌビディア(NVIDIA)のAI実装用モジュール「JETSON TX2」を搭載する。(写真:日経ものづくり)
[画像のクリックで拡大表示]

 床にガイドラインを設けなくてもセンサーで周囲の物体や設備を検知し、位置を把握しながら進む。生産設備など常設物以外の障害物を検知する機能も持たせており、動く障害物は作業者と解釈して進路が空くまで待ち、動かない障害物は避けて通る。至近距離に障害物を検知した場合はすぐに停止する。

 屋内用と屋外用の2種類がある。屋内用は1000kgの荷を搭載して平らな床を走行可能。屋外用は平地では約1370kg、20mmの段差のある場所は約770kgの荷を搭載できる。段差を通過しやすくするため4輪駆動を採用し、4輪それぞれを独立に操舵して狭い場所をすり抜ける動きを可能にした。

 複数台を運用する際は、各車に優先順位を指定するなどして、相互に進路を邪魔しないようにできる。多数台の運用に対しては、一括して制御する「Fleet Management System」を開発中だ。工場天井にカメラを設置するなどして全搬送車の位置と走行方向を把握し、互いに干渉しないように走行ルートを決め、各車に指示する。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら