京都市産業技術研究所は2019年3月4日、セルロースナノファイバー(CNF)*1を、京都の伝統工芸品である陶磁器「京焼・清水焼」に応用した事例を「第395回 生存圏シンポジウム」(京都大学生存圏研究所主催)で発表した。京都市産業技術研究所、京焼を手掛ける陶あん(本社京都市)、第一工業製薬が、CNFを結合材(バインダー)*2として添加した焼き物を共同開発。CNF添加によって鋳込み成形での不良発生を抑えて「歩留まりが50%からほぼ100%に高まった」(京都市産業技術研究所の高石大吾氏)という。

*1 セルロースナノファイバー(CNF) 木材などの植物繊維を化学的・機械的な処理によってほぐした、直径が3~数十nmの繊維のこと。

*2 結合材(バインダー) 焼き物の原料である粉体のセラミックス材料を焼結できるように形状をまとめる添加物のこと。

 今回開発した焼き物はすりガラスと同程度に光を透過する透光性を備える。涼しげな印象を与える焼き物で、陶あんが「ゆうはり」と名付けて2019年夏に発売予定だ(図1)。焼き物は夏期に売り上げが落ちる傾向がある。そこで「夏場に使いたくなるような、陶肌が透ける、涼しげな焼き物」(高石氏)を企画したのがそもそもの始まりだった。

図1 陶あんの新製品「ゆうはり」
陶肌に透光性のある清水焼を新たに開発した。バインダーにCNFを適用して、透光性を保ちつつ、歩留まりを大幅に改善した。CNFが植物由来の材料であることも選定の理由だったという。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら