工作機械メーカー最大手のDMG森精機は2019年1月22日、工作機械の制御データの活用で日本マイクロソフトと協業すると発表した(写真)。顧客の拠点で稼働している工作機械の稼働実績やセンサーデータを米マイクロソフトのパブリッククラウドで収集・分析し、加工効率の向上や予防保全に生かす。 IoT(Internet of Things)関連のサービスや採用事例なども生かして分析システムを構築する。

写真:DMG森精機の川島昭彦専務執行役員が日本マイクロソフトのイベントで発表した
[画像のクリックで拡大表示]

IoT機器OS「Windows 10 IoT」も利用へ

 主に2つの用途でマイクロソフトのパブリッククラウドサービス「Azure」を活用する。まず、工作機械の稼働状況を可視化するサービス「DMG MORI Messenger」のデータ収集基盤を、DMG森精機が所有するサーバーからAzureに移行する。既に具体的な作業を始めており、2019年前半に終える予定だ。

 これに加え、インテリジェント制御盤を活用した工作機械の継続更新サービス「CELOS Club」のデータ活用基盤をAzure上で構築する。工作機械に設置した電気系や温度、機械系のセンサーからデータを収集し、エッジコンピューターやクラウドで分析。機械の状態監視や予防保全などに活用する()。AzureのAI(人工知能)基盤の活用も視野に入れる。

図 DMG森精機が想定するAzureの活用法
工作機械のセンサーから収集したデータを分析して、機械の状態監視や予防保全などに活用する。 (出所:DMG森精機川島氏の講演資料)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら