手触り感を再現した木目模様、7色に輝くホログラム調の樹脂部品─。低コストで樹脂や金属を加飾する技術が次々と開発されている。「第9回高機能素材Week」(2018年12月5~7日、幕張メッセ)においても、このような技術の展示が目立った。

紫外線硬化樹脂を塗り重ねて立体感

 大日本塗料は触感や立体的な質感を表現でき、かつ耐候性の高い加飾技術「DNTデジタルコーティングシステム」を開発した(図1)。インクジェット方式での印刷による加飾で、アルミニウム合金などの金属板やケイカル(ケイ酸カルシウム)などの建材、アクリル(ポリメタクリル酸メチル樹脂)などの樹脂板などの基材に適用できる。印刷フィルムの貼り付けに比べて小ロットでも利用しやすく、5~10年間美観を維持できる耐候性などが利点としている。

図1 「DNTデジタルコーティングシステム」の展示
樹脂板、金属板、建材に対して立体的な質感を表現できる。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら