三菱電機は2018年12月4日、都内で記者会見を開き、子会社であるトーカン(本社千葉県松戸市)が顧客との契約仕様を満たしていないゴム製品を出荷していたと明らかにした(図1)。同社は既に全ての出荷先を特定。出荷した製品の状況と経緯を顧客に説明し、今後の対応を検討しているという。

図1 12月4日に都内で開かれた記者会見の様子
左からトーカン品質保証部の井上健二部長、同社代表取締役社長の松岡達雄氏、三菱電機ビルシステム事業本部ビルシステム業務部の織田巌部長。 (写真:尾関裕士)
[画像のクリックで拡大表示]

 トーカンの社内調査の結果、品質を偽装して出荷した製品は、エスカレーター用の手すりやローラーなど合計253種(表1。2000年以降の総出荷数1億575万6756のうち、7.4%に当たる783万4766が顧客仕様を満たしていなかった(表2)。不適合品の出荷先の顧客数は25社に上る。実施すべき物性検査を省略したり、契約上の仕様を満たしていなくても社内で設けた独自基準を満たしていれば出荷したりしていた。実際の検査データと、試験成績書の数値が異なる品質データの偽装も7件あった。

表1 トーカンが2000年以降に品質を偽装して出荷していた製品の概要
[画像のクリックで拡大表示]

* トーカンによると、同社が取り扱う製品の物性に適用される公的規格はないので、耐久性などの仕様は個別に顧客との契約で取り決めているという。

表2 2000年以降にトーカンが品質を偽装して出荷した製品数
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら