完成検査に関する不正行為やエンジンの不具合によるリコール(回収・無償修理)など一連の品質問題が、SUBARU(スバル)の業績に影を落とし始めた。

 同社が2018年11月5日に発表した2018年度上期(2018年4~9月期)の連結決算では、売上高は前年同期に比べて7.5%減の1兆4868億円、営業利益は同74%減の550億円と大きく落ち込んだ。

リコール費用の増加で600億円超の減益

 収益悪化の最大の要因は、完成検査の不正行為やエンジンの不具合によるリコール費用の増加だ。相次ぐリコールに要した費用は半年間で600億円を超える。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら