国土交通省は2018年8月9日、スズキ、マツダ、ヤマハ発動機において完成検査工程の排出ガス測定で検査不正(以下、燃費・排出ガス検査不正)が見つかったと発表。3社は同日午後、それぞれ記者会見を開き、詳細を説明した。いずれも、検査時に測定モードに合わせた運転ができずに失敗した測定(トレースエラー)を有効と見なしていた検査不正だった。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら