白銅は2018年4月、金属3Dプリンターによるアルミニウム合金「ADC12」(Al-Si-Cu系合金)の造形サービスを開始する。ADC12はダイカスト材料として日本で最も使用量が多い材料だが、従来の金属3Dプリンターで正式に対応していなかった。同社は東京理科大学、キヤノンマーケティングジャパン(本社東京、以下キヤノンMJ)との共同で、3DプリンターでADC12を造形する技術を開発した。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら