プラスチック基板を使った有機ELディスプレーを採用し、画面を折り畳んで使えるようにした「折り畳みスマホ」。韓国サムスン電子や中国・華為技術(ファーウェイ)などが相次いで実用化にこぎつけ、盛り上がりを見せている。この記事では2019年9月に発売されたサムスン電子の「Galaxy Fold」(図1)のヒンジ部分を詳細に見ていく。

(a)
[画像のクリックで拡大表示]
(b)
[画像のクリックで拡大表示]
図1 折り畳みスマホであるサムスン電子の「Galaxy Fold」
中央部がヒンジで開閉可能になっており、開くと7.3インチの大画面スマホとして使える(a)。背面には「背表紙」的な部品が配置され、隙間はとても小さい(b)。(撮影:スタジオキャスパー)

 デジタル家電製品としての折り畳みスマホには特異な部分がある。折り畳み機構を支える可動部(ヒンジ)の存在である。近年のデジタル家電ではハードディスクからSSD(Solid State Drive)への移行、キーボードからタッチパネルへの移行など可動部が減る傾向にあった。この意味で折り畳みスマホはヒンジという可動部が増える、いわば“逆コース"の製品である。ノートパソコンやスマホ以前の携帯電話機(ガラケー)では、ヒンジは重要な差異化項目の1つだった。今後折り畳みスマホが一般化すれば、再びヒンジが競争軸の1つになる可能性がある。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら