開会宣言する自動車技術会会長の坂本秀行氏(出所:自動車技術会)

2019年5月22日~24日にパシフィコ横浜(横浜市)で開催された「人とくるまのテクノロジー展2019」。近未来の自動車に向け、様々な要素技術が展示された。目立ったのはエネルギー効率のさらなる向上を目指す姿勢だ。パワーユニット、自動車部品、製造技術、新素材、電気・電子部品に分けて注目展示を紹介する。

パワーユニット

ルノー製を改良した軽自動車用ガソリンエンジン

日産自動車
日産自動車はルノーのエンジンを基に改良した軽自動車用エンジン「B06型」を出展した。燃費性能と出力性能を高めた。気筒の内径と行程の比率をロングストロークにして、クールドEGRや2本インジェクターなどを採用した。(写真:日経 xTECH)

ドローンに搭載できる1気筒発電エンジン

愛三工業
愛三工業は、1気筒のエンジンで駆動する48V小型発電機を試作した。小型モビリティーやドローンへの搭載を想定する。ドローンに載せた場合の飛行可能時間は数時間ほどと、電池の数倍になるとする。(写真:日経 xTECH)

機電一体でコンパクト、10~15kg軽量化できる電動パワーユニット

アイシン精機
アイシン精機は、電動パワーユニット「eAxle」のカットモデルを出展した。モーターとインバーター、減速機(トランスアクスル)を1つにまとめて、10~15kg軽量化した。電気自動車(EV)だけではなく、ハイブリッド車(HEV)などへの適用も狙う。(写真:日経 xTECH)

燃費性能を上げるプレチャンバー技術

オーストリア・AVLリスト
オーストリア・AVLリスト(AVL List)は点火プラグの先端をプレチャンバーと呼ぶ小部屋に収めて火を点ける技術を展示した。プレチャンバーに設けた複数の小さな穴を通過した高速な火炎が主燃焼室に広がり、燃費性能を高められる。(写真:日経 xTECH)

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら